読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いそだむ

おおよそ乙女ゲーム感想ブログ

元気100倍ラ・ザーニア男と愛を育む

 
そんなわけでパーチェ√です。
これ本当に良かった。シナリオに足りない部分は感じたけどすごく良かった。

ノヴァ√でも知れる通り、明るく元気で大食いですっとぼけなパーチェ。てっきり闇落ちするのかなって思ってました私。病んでます期が来てお嬢に辛く当たるのかなとか思ってました私。そういう男も嫌いじゃないぜ…(お嬢がなんとかしてくれること込み込みで)とか思ってました私。
そんなことなかった。ごめんよパーチェ。殴るなら某ほにゃノ杜財閥の三男とか四男とかを殴って。

自身に課せられた余りにも重い運命を完全に割りきっちゃってるらしいパーチェ。初めは、デビトよろしく、いや後数年で死ぬのにそりゃないぜって感じでしたが、割り切ってるんじゃなくて、諦めてるんでもなくて、向き合ってなかっただけなんだなぁと強く感じました。

パーチェって、周りのことを思いやって行動するし、どんな人にも優しさを持って接するけど、その反面結構自己中心的なところもあるよなーって感じるんですよね。本編で本人も言ってましたが、自分が同じ立場に立たないと相手の気持ちに気付けない。でもまぁ、気付いてそれを受け止めて、次からはきちんと思いやれるところは彼のいいところの一つだと思いますけどね。同じ立場にたっても相手の気持ちに気付けないことって結構あるし。

そんなこんなで、大好きなお嬢が命の危機にさらされて、もう二度と会えないかもしれないってなったときに初めて、自分の寿命について周囲に黙ってきたことの残酷さ、残される側の辛さに気付いて、そう遠くない未来に自分が死ぬということについて向き合うパーチェなんですが、これ字面で書くとすごい重いのに、本編は全然重くない。どうせ死ぬならって気持ちから、生きていたい!って気持ちへの変化は確かにシーンとしてあったんですが…具体的に、じゃあどうやっての部分が全くなかった。ぶっちゃけ、パーチェ√で1番惜しいなって思ったとこです。生きたいと思えるようになったところで終わりっていやいや!!っていう。結局、いつまで生きれるかわからないからって領主や幹部長になることには消極的だったのに、エンドによってはファミリーのトップになっちゃうし。せっかくデビトが、生きるための方法を探せよ!!って怒ってくれたのに…。探せよほんとに。探して探して、なかなか見つからなくて、でも生きたいと足掻いて、もがき苦しんでやっと最後方法が見つかるみたいなそういうプロセスをだな………。ファンディスクに期待するしかないかなぁ。頼んだファンディスク。ついでになんかこれまたふわっと終わってしまったアルベルトとの話もうまいことまとめて。路地裏でヤバそうな奴らと喋ってたっていうアルベルトのフラグを回収してあげて。その後、なんかそいつらがパーチェを殺そうと襲ってくるとかいうイベントあったから私てっきりアルベルトは上っ面だけいいこと言って、実は領主の座は譲る気なくてパーチェ殺す気満々なんだと思ってたんだよ。こう言っちゃなんだとは思うけど、領主の話、結構時間割いたのにパーチェ√のなかで割とどうでもいい話になっちゃってるから。そこもなんとか。

いやもうなんかこれだけみるとストーリーに対する文句のオンパレードなんですが、パーチェ本当にすごく好きなので余計に話の惜しいところが悔やまれるやつなんです、許して。あ、でも、夜の懺悔の薬草園の回はめっちゃ好きです。死ぬほど笑った。ゆーきゃんの裏声で笑い、ティラミスゥ連呼で笑い、杉田の裏声及び麻酔しちゃうぞっで笑い、ラザニア食べてる2人のセリフに笑い、最後のラ・ザーニア美味しいィィィで腹筋崩壊しました。

散々文句言いましたが、お嬢好き好きって押して押して押しまくる(この表現ほんとパーチェそのものだと思う)パーチェはほんとによかったです。あんなに求愛行動がストレートなやつもそういませんから昨今の乙女ゲー。イベントはおろか偶然の出会いの時すら悉くお嬢のこと口説きますから彼。行動選択のときに、序盤は選択したときのセリフが「ラ・ザーニアだーいすき!」だったのが中盤で「お嬢だーいすき!」になったときは本当にストレートな愛情表現が愛しすぎてヘドバンしました。いつ何時も高らかに愛を叫ぶことを忘れない姿勢に、愛を疑う余地がない。不安になる隙すらない。あれだけされちゃお嬢も愛されてることを実感せざるをえません。あんなに無条件に毎日愛情漬けに出来るなんて、ある意味すごい包容力を有してるな…と思うわけです。包容力のある男はいいぞ。
それから、体が武器というだけあって、肩幅が広くてがっしりした、男らしいガタイの良い体も好きです。お嬢が小柄で愛らしいので、2人が並んだときやスチルの体格差がたまらない萌えでした…。

ガタイのいい包容力のある男はいいぞ。たまらん。

そういうエトセトラを含めまして、いろいろ惜しいところのあったパーチェ√ではありますが、やっていてすごく楽しかったし良かったです。ちなみに言い忘れましたがスチルは序盤のピッツァ?口移しのシーンがお気に入りです。

次はどうしようかなー。デビトルカリベルタあたりで悩んでます。